いぼを手術で治そう

いぼの手術を受ける前に一読|失敗しない裏技

注射器

膨らみの原因はウイルス

いぼの原因は体内に入ったウイルスです。ウイルスを取り除くには美容皮膚科で手術受けることがベストです。レーザーや液体窒素など、様々な方法がありますが、手術前に入念に相談をして最適な方法を選ぶようにしましょう。

鏡を見る女性

できものは上手く治そう

いぼの除去手術では有効性が証明されていることや保険適用があることから液体窒素法が多く採用されています。注意すべき点は定期的な治療が必要であること、多少の痛みを伴うこと、治療後しばらくは入浴や運動を控えることなどが挙げられます。また美容整形クリニックで施術を受けることも可能です。

カウンセリング

皮膚トラブルは病院へ

いぼはウイルスが原因の皮膚のトラブルで、健康な皮膚を保つように日頃から努めることが予防になります。出来てしまったら自分で取ろうとせず病院へ行きましょう。治療には液体窒素、飲み薬、塗り薬、手術という方法があります。自分に合った最適な治療法が見つかるでしょう。

たくさんの種類がある突起

カウンセリング

簡単に綺麗に取れる整形

いぼは顔や体などさまざまな場所にでき、できる場所によって名前が違います。一番知られているのが水いぼで、子供の体などにできる伝染性軟属腫といいます。他にもひじや指などにできるのが尋常性疣贅で、こすったり怪我したりすることが原因でできる症状になります。また高齢化社会の現代では老人性疣贅のいぼも多くあり、皮膚が老化することで突起が出てくるようになります。しかし注意点として病気の可能性もあり、形が大きくなったり変化したりするなら病院へ相談しないといけません。そんなさまざまなタイプのあるいぼですが、美容皮膚科や美容外科で手術をすることができます。いぼの治療には大きく分けて4タイプあり、医療レーザーや液体窒素、そして内服薬や切除手術になります。一般的な皮膚科では内服薬や外用薬で治療をしますが、人によってはきちんと治らない場合があります。しかし美容皮膚科や美容外科では医療機器で手術ができ、きれいにいぼを取ってしまえるのです。医療用レーザーの手術はあまり痛みがなく、出血も最小限にできるのがメリットになります。その人に合ったレーザー機器を選ぶことができるので、いぼの大きさや症状によって効果が得られます。小さなサイズであれば一回で済みますが、大きないぼの場合は半年くらいかかるようになります。また医療用レーザーの手術の費用は、1mmで2千円から5千円くらいが相場になっています。病院によって費用には違いがあるので、複数の病院を比較してから決めるのがコツです。いぼが再発することがないのもメリットで、手術後の傷跡が目立たないのも評判です。液体窒素では取れないいぼであったり、大きなサイズの場合だったりするときに効果的な方法になります。液体窒素での治療が困難なケースや大きなサイズのいぼの場合には、切除手術がおすすめです。切除手術はメスで切除して皮膚を縫合する方法になります。しわに合わせて切開をするので、手術の後もほとんどわからなくなります。切除手術では1箇所で費用が5万円かかり、大きさや深さによって15万円くらいまであります。顔にある突起物のおかげで老けて見られることも多く、5歳以上年齢が高く見えてしまいます。美容皮膚科や美容外科の手術は保険適用外なので、その点を踏まえて事前におおまかな治療費を把握しておきましょう。病院選びをするときは費用はもちろんですが、効果の高さや評判などもポイントにしなくてはいけません。

顔を触る婦人

美容医療でなめらか素肌

悩みの種であるいぼを除去するにはレーザー治療か切除縫縮手術が必要です。安心して任せることができるクリニックを選び、確かな技術でいぼを除去することが望ましいでしょう。しっかりとしたクリニックでいぼを取り除いてなめらかな素肌を手に入れましょう。

鏡を見る女性

代表的な治療方法

いぼは種類があり、それに合わせた適切な手術や治療が大事です。信頼のできる皮膚科を受診していぼを診断してもらい、一番納得のいく方法で除去してもらいましょう。アフターケアも含め、応対や説明が親切な皮膚科を選んで下さい。