レディ

いぼの手術を受ける前に一読|失敗しない裏技

代表的な治療方法

鏡を見る女性

美容外科で美しく治療

いぼとはヒト乳頭腫ウイルスが皮膚に感染してできます。健康な皮膚からはウイルスに感染することはありません。小さな傷などがあるとそこから感染していぼができてしまいます。知らないうちに傷が出来やすい手や足、外陰部によくできます。皮膚科でいぼを取るには手術または内服薬による治療になります。手術といっても難しい手術ではなく、その場ですぐに出来る簡単なものになります。いぼ治療で1番多く行われている手術は液体窒素で除去する方法です。マイナス200度近い液体窒素をいぼに当てて凍らせます。それをだいたい1週間おきに行います。一回で取れる場合もありますが、足裏など皮膚の厚い場所は何度か行わないと取れないこともあります。超低温液体窒素を当てるので、皮膚は低温火傷状態になり、痛みを伴う場合があります。この手術は保険適応のため1000円ぐらいで受ける事ができます。次に多いのがレーザー治療です。炭酸ガスレーザーが多く使用されています。いぼに局所麻酔をしてから炭酸ガスレーザーをあてます。水分の多い組織と反応することでいぼを蒸散させます。大きないぼや難治性のいぼにもよく使用されます。レーザーによる治療は、出血も少なく痛みもそれほどないため、肌に負担が少なく、跡も残りにくいです。また、再発しにくいという利点もあります。しかし保険適用外の手術なので、費用は病院によってまちまちになっています。1カ所の治療で約5,000円から数万円と大きな開きがあります。他には電気焼灼法というのがあります。電気メスを使っていぼを焼き切る治療法です。局所麻酔をしてから行うので、手術中には痛みがなく、出血することも少ないです。しかし、麻酔が切れると多少の痛みを感じることがあります。術後は患部が一時的にへこんだ状態になりますが、およそ1~2週間で目立たなくなってきます。2、3ヶ月もすると、治療の跡はほとんどわからなくなるそうです。施術時間が短く、皮膚への負担も少なくて一度に多くのいぼを除去することも可能です。ただし、かかとのような皮膚が厚い部分には向かないようです。こちらの治療法は保険適応で、費用は1回で1,000円程度です。その他には飲み薬で除去する方法もあります。ヨクイニンという漢方薬で、はと麦から抽出されたエキスを使用しています。免疫力を活性化させることでいぼを除去していきます。いぼの他にもニキビ、肌荒れなどにも効果があるようです。小さな子どもでいぼ手術が難しいとき、小さな子どもでも飲める漢方薬になっているので有効的な治療です。手術よりは治癒までに時間がかかりますが、3ヶ月程度は続けて内服をして様子を見ます。保険適用なので、1ヶ月分が1,300円程度となっています。また、薬局等でも販売されています。