レディ

いぼの手術を受ける前に一読|失敗しない裏技

膨らみの原因はウイルス

注射器

熱と低温でウイルス除去

顔や手足にポツポツとした小さなふくらみができることがあります。触っても痛みは感じず、一見問題ないように思えますが、放置すると大きくなったり数が増えたりと困ったことになります。加えて色が黒やグレーに変色することもあり、こうなっては何か一大事なことが体に起こっているのではと不安になることも少なくありません。いぼの悩みを抱える人はとても多くいます。悩みを抱える人の大部分が体が健康な人です。今自分にはないからと他人事で済ますことはできないでしょう。いぼの主な原因は傷口などから入り込んだウイルスです。体内に入ったウイルスがそこで繁殖し、小さなふくらみという形で炎症を起こします。このウイルスを取り除かない限りいぼはどんどん増えていきます。確実に取り除くためには、専門の手術ができる病院へ行くのが一番です。いぼの手術法には様々なものがあります。いずれも美容皮膚科で受けられます。代表的な手術法が医療用のレーザーを使った方法です。こちらは一般的ないぼ治療として知られています。文字通りいぼにレーザーを照射して治療を行います。炎症を起こしていたウイルスはレーザーの熱によって消滅します。レーザーを使いますが、しっかりと調整を行うため、肌の弱い人でも安心して受けられます。いぼ一つにつき内部のウイルスを完全に消毒してくれるため、確実性のあることと再発しにくいことが特徴です。痛みや肌の炎症はほとんどありません。また、人を選ばずに行えることがレーザー手術の大きな魅力です。どの手術が良いのか手術選びに困ったら、ひとまずオーソドックスなレーザー手術を受けてみましょう。病院によっては液体窒素を使ったり、内服薬治療と併用したりすることもあります。液体窒素も効果が高い治療です。少量の液体窒素でいぼを凍らせて取り除きます。いぼの根元を瞬時に冷やすことでウイルスをふくらみごと除去するのがこの手術です。液体窒素を使う都合上、肌が低温やけどを起こすため人によっては手術した部分が痛むことがあります。また、やけどした部位からウイルスが侵入すると再発の可能性があるため、術後に入念なケアが必要なことも特徴です。二つの手術法には、いずれもメリットとデメリットがあります。人によってどちらが効果的かも変わります。手術を受ける前に美容皮膚科の先生と相談し、最適な方法で治療を行うようにしましょう。