レディ

いぼの手術を受ける前に一読|失敗しない裏技

できものは上手く治そう

鏡を見る女性

有効な治療法です

美意識が高く、それに関する治療を受ける人は少なくありません。中でも多いのがいぼの除去手術です。いぼは発生しても自然になくなることがあり、その場合には問題ありませんが、いぼが増えていくなど悪性の場合においては除去手術といった治療が必要となってきます。いぼは子どもから高齢者まで幅広い年齢層において発生するものであるため、いぼについて悩む人も多いのが現状です。いぼの除去手術として現在、最も多く利用されているのが液体窒素をスプレーや綿棒などでいぼに吹きかけ、いぼを壊死させる液体窒素療法です。これ以外にもお灸などの民間療法やレーザー療法などといった治療法がありますが、いずれも効果には個人差があるなどデメリットがあります。その点、この液体窒素法は医学的に有効性が証明されていることや保険が適用されることなどから、多くの専門の医療機関で導入されています。そのため、そんないぼの除去手術を液体窒素法で、除去手術する際の注意点について把握しておきましょう。まず治療にあたっては1度の通院で治るものではなく、何回かの通院が必要であることが挙げられます。いぼの芯は皮膚深くまであるため1度だけの治療では完治しません。1度だけ治療しておいて、そのままに放っておきますと再発してしまいますので、完全に治癒されるまでは定期的な治療が必要となります。一般的には3、4ヶ月かけて5、6回の治療が必要となりますが、もちろんこれには個人差がありますので、これも注意が必要です。また治療にあたっては多少の痛みが伴うことがあります。痛みはそれほど大きいものではありませんので、通常の人ならそれほどの負担になりません。しかし、痛みに敏感な人の場合には局所麻酔テープや局所麻酔注射をすることによって負担を軽減します。さらに治療後は入浴や運動は控えておく必要があります(ただしシャワー程度であれば可能)。抗生剤軟膏が処方されますのでそれを患部に塗ってガーゼで保護し1、2日経過して痛みが治まれば入浴や運動は可能となります。また、美容整形クリニックで治療することも可能です。整形クリニックではレーザー治療をはじめ、切除手術や注射などで治療を行います。いぼの状態によって適切な施術方法を変わりますが、ケースによっては内服薬で治療することも可能です。どの整形クリニックを選んだらいいのか分からない方は、クリニック紹介サイトを参考にするといいでしょう。